わたしが感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

選ばなければ仕事はたくさんある、は若いうちだけである

社会人になれば兎にも角にも仕事漬けになり、一生懸命働いてサービス残業でも必死に食いついてなんとか評価されて次を仕事をまた必死にして、の繰り返しである。そして、ふとしたときに気持ちの糸が切れて退職を選ぶ、それも人生だ。

20代のうちはスキルと経験がなくても意欲とやる気があれば拾ってくれる会社はたくさんあるが、スキルと経験を中途半端に積んだ30代以降は門前払いが多く仕事選びが自由にできない。

さらに同じ職種や業種を選んでも中途半端なスキルと経験のおかけで面接官に微妙な顔をされ、目の前に心の柵を置かれて「ここを超えてから来い」と遠回しに大人の答えを頂くことになるのである。

しょうがない、と後ろを振り向いて別の職種や業種を覗き込んでもスタートラインの給与は当然低く、さすがにこれでは生活をすることができない、とそっとブラウザを閉じる。

若いうちは選ばなければ未来ある仕事はたくさんある、年を重ねても選ばなければ仕事はあるが今より苦しむ状況からスタートののがたくさんある、ということだ。


条件は今よりいい会社。(ただしスキルと経験と結果が十分にある人に限る)


スキルと経験を積んでたくさんの結果を若いうちに積んでおけ、マジで。


転職して「成功する人」と「後悔する人」の習慣 (アスカビジネス)

転職して「成功する人」と「後悔する人」の習慣 (アスカビジネス)