わたしが感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

心地よい人間関係だがすることない時間が多い

無職から脱出、仕事をしてまだ二日目。

業務自体が穏やかですぐ暇になってしまう状態。激務でも時間を長く感じてしまうが、暇でも時間を長く感じてしまう。あぁ、まだこんな時間なのか。だけどもうすぐ帰れる。そう、今の仕事は定時で帰れるのだ。素晴らしい。

もちろん、他のスタッフも無駄な残業をしていない。終わればさっさと帰宅しているので環境はいい。それだけに給料が生活レベルするには厳しい状態なのがしんどい。契約延長するにしてもこのままズルズルと続けていくのは真綿で首を締める生活どころか、有刺鉄線で首を締める生活になる。


うーん、無職よりましか。
よし、明日も頑張ろう。