わたしが感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

毎年の目標に必ずいれるのは「健康」

新しい年になれば必ず話題になるのは「目標」だ。

私の場合、人生自体の大きな目標というのがないため「年収1000万円!」「社長になる!」「独立する!」といった意識高いことは言えず、現状よりほんの少し良くなればいい、という程度である。


そのため、いつくかの適当な目標の中に必ず入れるのは「健康」だ。


何をするにも健康は大事。アントニオ猪木「元気があれば何でもできる」の言葉はほんとに素晴らしい。元気があるときは仕事でもプライベートでも充実した時間を過ごすことができる。だが、元気がなければ何もしたくない。

元気になるには健康な身体と心が必要だ。


今年も身体と心が弱った時期があった。
そのため、退職を選んだ年でもある。

来年から働くことはできても契約のため数ヶ月後には無職だ。
いろんなことは起きるが健康だけは維持をしていきたい。


身体も心も健康に。そして、元気にいこう。