読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが日々感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

成果を出すために犠牲が当たり前になる異常な日常

成果を出すために毎日何かしらの犠牲をしている日常は異常である。だがその異常なことをし続けないと会社が成り立たないというのもまた異常である。

それが当たり前になっているからブラック企業はなくならず、毎日何かを犠牲にして働く人々が増えていき、何かを失っていくのだ。

こうして今夜も夜景が綺麗なのである。