わたしが感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

休みたいときに休めるのが無職の一番の特権

風邪でダウンしてほぼ一日中寝込んでいた無職の私。

「あぁ今日はダルいから休みたい」たったそれだけのことで休めるのが無職の特権である。365日休みだけど気分的に特権って言っておかないと精神衛生上よくない。そして、寝込んでいたおかげで体調はほぼ回復した。


ただこのタイミングで面接が入っていたと思うとゾッとするのも事実だ。無職なのに「体調不良のため日程を調整したく…」「貴社にお伺いすることが難しくなり…」など、どんな言葉で飾っても「無職なのに体調崩すの?忙しいの?」ってなるから印象は大ダメージである。


そんな中、来週にまた面接が1件ある。


だが、給与などの条件面で非常に迷う部分があるので受かりたいような受かりたくないような複雑な気分である。これが退職したてであればあっさり辞退を申し出るのだろうが、金銭面での生活でゆとりがなくなってきている。

多少なりとも収入がなければ生活も転職活動もままならない。


雇用形態は契約社員なので期間を区切った考え方もできる。その間に別のスキルを身につけて転職活動に挑むのもよいかもしれない。単純にアルバイトのほうが稼げるかもしれないが、怠け癖とスキルのなさがダメ人間にしていく。


していく、ではなくもうすでにダメ人間だ。
とりあえず、風邪が悪化しないよう週末もゆっくりしよう。


無職でも体調管理は完璧にコントロールできない

大した行動もせず、毎日ヒマを持て余すくせに体調を崩しかけている無職、それが今の私だ。

いつでも面接対応できるように体調管理にはムダに気を使っているが、やはり体調崩すときは崩すものである。とはいえ、まだノドが若干イガイガする程度で無理に声を出したり、乾燥させずにいれば悪化はしないだろう。


どうせ誰ともしゃべってない日々だから、乾燥だけに気をつけよう。


そういえば昨日、ハローワークに行って思ったのが久しぶりに長くしゃべると所々で噛むんですよね、私が。人ってしゃべらない期間があると本当に会話するのにも一苦労するシーンってあるわけで。

面接では脳内シミュレーションと部屋でブツブツと練習をしているからなんとかこなせているかもしれない。いや、こなせていないから不採用になるのか。ダメじゃねえか、私の会話力。


とりあえずノドが悪化しないようにゆっくり過ごそう。
…もうずっとゆっくりしてるのに。もうやだ、この生活。

早く良き縁と出会えますように。


ハロワへ相談すると案の定、未経験では難しい

転職活動の日々でハローワークにもお世話になってる身である。

希望職種で全敗続きのため向いていないのではと思い、異業種への転職かつ未経験の身でOKな求人はどのくらいあるのか、をハローワークで相談をしてみた。もう案の定のお答えで「ですよねー」みたいな。相談員からは冷静に丁寧にお答え頂けました、なんか生きててすみません。きっとこういう質問に慣れているのだろう。


・求人欄に未経験OKと書いていれば相談は可能。
・年齢もそうだが今までの経験をどう活かせるか。
・意欲だけでは難しい、経歴などからどう熱意を伝えるか。
・気になる求人があれば一緒にお話することもできる。
・その他、色々丁寧に心配されつつ向き合ってくれる。
・ですよねですよねですよねですよね…(あぁぁああぁあ!!涙涙涙)


OK、とりあえず、今までの経験から離れた異業種への転職はより絶望的になることは分かった。そりゃそうだ、若者ならいざ知れず、年を重ねた人間を好き好んで今から育てようなんて会社はほぼない。かつホワイト企業であればそれはもうレア中のレアだ。

ハローワークでは気になる求人を印刷したので帰宅してから求人内容や企業を調べている。


ハロワのボードに貼られている職業訓練の内容にも目を通している。職業訓練はだいたい数ヶ月かかるが、退職後はすぐ転職せねば…そんな時間はない、と思っていたがこのような状態になるのなら申し込んでおけばよかった。

そうすれば今頃、何か身についた技術があったんじゃないか。
過ぎ去ってからいつも何か大事なことに気づく。


すぐ忘れるけど。
さて、今日も頑張って生きるぞ。