わたしが感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

人手不足で倒産する世の中でも就職のハードルは高い

最近の話題のニュースでは「人手不足倒産が過去最多ペース 月内にも前年水準超え」というのがある。簡単に言えば事業継続できるだけの仕事はあれど、それを支える人材が足りないということだ。


深刻な人手不足を背景にした国内の企業倒産が件数・負債総額ともに過去最多ペースで増加していることが14日、分かった。今年1~9月の合計は299件に上り、10月中にも平成29年の年間水準(317件)を上回りそうだ。従業員が確保できず事業継続が困難になったり、社員を引き留めるため賃金を無理に引き上げたことで収支が悪化したりしたケースが目立つ。
 
倒産理由でみると、従業員が集まらない求人難型が前年同期比48.1%増の40件と大きく増え、29年の年間水準(35件)を既に上回った。太陽光発電システム設計・設置の「JINテクニカル」(東京都、負債額2億3000万円)は工事需要が増加したにもかかわらず人手不足で対応できなくなり、事業継続を断念した。
 
人件費高騰型も41.6%増の17件で増加が目立つ。トラック運送の「誠梱包(こんぽう)運輸」(神奈川県、1億2200万円)は、ドライバー不足を背景に人件費が上昇し、資金繰りが逼迫(ひっぱく)した。


SNSなどでは欲しいのは人材ではなく奴隷、ブラック企業が淘汰されていくのは当然のこと、など倒産していく企業に追い打ちをかける内容が見られる。

ただ、先日テレビ(モーニングバードかな)でデービット・アトキンソン氏は「日本は中小企業が多く、それが賃金が上がらない理由になっている。企業は賃金を減らして利益を増やすことをしている」という内容を言っていた。その他にも人口が減っていく時代に企業が増えるのは悪いこと、企業統合(M&A)をして労働環境も含めた改善をすべし、など言っていた。

結局、競争に負けてる企業間で人材の取り合いをしては改善しない過酷な環境下で働かせ、疲弊と泥沼の経営難を一緒に過ごして消えていくのである。そして、この経営難を従業員一同になって乗り越えていくことを度を超えた美学として浸透しているのが日本だ。


苦難を乗り越えるのは従業員として当然だが、命を賭してまで従事することはない。面接でも退職理由を身を守るを優先したことを「なぜ?」と問われる。疲労困憊、家庭の問題、病気の問題、生活の問題など、どれも一線を超えた極端な理由でないと受け入れられないのが現実だ

面接を受けてると大抵の企業はどんな困難にも打ち勝ち、低賃金で長時間働いても文句を言わない人材を欲しがっている。そんなお買い得な宝石を見つける作業ばかりして、宝石にする努力をしていないから労働環境の悪循環が起こるのだ。そして、その努力ができるのは大企業クラスだけで、中小企業は努力しようにも資金繰りなどからやりたくてもできない。なのに中小企業は増えていくのだ。


しかし、こうした人手不足の世の中なのに就職のハードルは依然として高いままだ。


ハローワークや転職サイトなどのアドバイスでも、行き着く先は「良いところを見せて悪いところは隠す」という騙し合いの場になっているのも悪しき文化である。人間なんて悪いところのほうが多い、それを当たり前に受け入れる世の中にすべきである。


そして、私は今日も就職できずに無職である。


一つの行動を取るのにいくつもの理由が必要なバカ野郎

メディアに出るような実業家や実力者の方は行動が早く、正しい決断力もある。質疑応答の場面でもあらゆる質問に対して即答であり、芯を捉えた回答になっている。


「〇〇をしたいのですが…」
「すればいいじゃん、今すぐ」


このような、迷うくらいならすればいい、今すぐやってみればいい、なぜやらないのか理解できない、といった即決&即行動のずば抜けた反射神経を持っており、リスクは行動のあとに考えて解決すればOKと柔らかい思考力もある。


転職活動でも面接時にはこのような決断力と行動力がある人間かを見極められるシーンがある。過去の実績や行動、リスクある道に挑んで成功を収めたかどうかなど、直球で聞かれるので私のような空っぽの経歴だと一刀両断である。はい、さようなら。


私はリスクの先にある成功を好んで行動するタイプではない。そのため一つの行動にも問題がないか、背景となる事由は何か、そこから得られるものは、未来はどうなるのか、などあらゆる理由が先に浮かんで即決ができない。

そのような慎重さを要する職種に進めばよいのだろうが、頭の回転が速い人ほど向いているものだ。あらゆるパターンを頭の中で計算して速攻で答えを出す、慎重さを必要としつつも答えを出すスピードが半端ない。うん、私にはない。


結局、私のような凡人は慎重さの前にさっさと行動したほうが得である。
失敗しても大抵は小さな傷であり、すぐ治る。

死ぬこと以外はかすり傷、人生なんてその程度である。


ただ、やっぱり立ち止まって考えてしまう。
バカ野郎、それが私である。


会社の備品を自腹で買うのは善か悪か

仕事をしていれば必要な備品や機材は会社が購入してくれる、それが当たり前なのだが実際は自腹で買うことも少なくない。

会社からすれば申請されて稟議が通ればどんなものでも購入するだろう。だが、それには時間と手間がかかり、ペン1本用意してもらうのに数日かかるのはよく聞く話だ。それなら自分でコンビニに行き、購入したほうが早い。


購入するものがペンくらいで済めば良いのだが、これが業務に必須なパソコンなどの機材や消耗品類になってくるとブラックさが増してくる。申請や稟議の仕組みが面倒くさいものであればあるほど、社員は自腹を選んでしまう。

また、購入したのが会社にバレれたときの反応でもブラックさが分かれてくる。経費清算をされてお金が戻ってくるか、仕組みの見直しをするか、叱られるか、スルーされるか、容認されるか、、、多様な反応があるがこれもまた面倒である。


長い社会人生活の中で自腹で購入したものは多々あるが、ベンチャー企業であればあるほどその傾向は強いと感じている。なにせベンチャー企業にはお金がないからだ。数百円でも安いものを数時間かけて探すなんてこともよくある。

安さばかりに目がいってクライアントが信頼しないメーカーを選んで出来上がりの品質に不安を感じたり、いくらメンテナンスに時間をかけても長く持たない製品だったり、安かろう悪かろうで結果的に時間も信用も失っていく、ということもある。


良い製品は価格が高い、だがそれは5倍も10倍もするものではなく、せいぜい1.5倍や2倍程度である。


それを選ぶことでクライアントはもちろん、現場の人間が安心して力を発揮することで出来上がりにも自信と心が込められる。そうすることで次の仕事にも繋がり、良い循環が生まれてくる。これは簡単な話だが実際はとても難しい行動だ。

現場の人間は目の前の安さではなく、目の前にいるクライアントを見ている。


自腹で購入してしまう背景には、常に目の前の大事な仕事とクライアントがいる。
そして、会社の面倒くさい仕組みと不安感に挟まれているのだ。

本当の悪は自腹で買わせてしまう会社の「仕組み」である。