わたしが感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

4月からは新しい職場で再スタート

3月の終わりと共に1つの節目を迎えた私。

今の職場に別れを告げて桜満開の時期を迎える4月から新しい職場で再スタートである。どうなることか。


小さい会社で肉体労働系なのですぐ辞めてしまう人もいるそうだ。そのため、試用期間はアルバイト扱いである。

働いてみて合わない、きつい、やばいなどあれば辞めやすいのが試用期間の良いところだ。働きながら面接では聞けないドロドロした部分を探るのである。


仮に辞めたとして、その次のあてはあるのかと言われたらない。転職サイトで探してはいたが全くない。

これでもし、また辞めたら純度の高い無職の誕生だ。履歴書も辞めグセがついたかのような状態になる。

短期間で辞め続けてる人間、特に高スキルでもなく凡人以下の人間、オーラのかけらもない人間、誰が雇いたいだろうか。そもそも会ってもくれないだろう。


だが危険なのは「辞めたら次がない」という気持ちからブラック企業に居続けてしまうパターンだ。これは肉体的にも精神的にも危険である。

辞めたら生活ができない、働いたら精神的にやられてしまう、そんな悪循環を味わう生活になんの楽しさがあるのだろうか。


それでも働かないと明日のご飯が食えない。
なんだかんだでやっぱり働くのである。


どんなブラックな環境でもホワイトに変えられる人間に私はなりたい。それができたらどんな環境でも楽しく働ける気がする。

まずは新しい職場を楽しもう。
良き会社でありますように。


ホワイト企業 創造的学習をする「個人」を育てる「組織」

ホワイト企業 創造的学習をする「個人」を育てる「組織」

買わないと叶わない夢、それがロト6

ロト6を買っても数字は2つしか一致せず夢破れる私。

当たり前とはいえ、かすりもしない当選。
一夜にして大金を手にする夢は叶わぬのか。


だが買わぬと叶わぬ夢。


私は…諦めぬ!また買うのだ!
ロト6にナンバーズをぉぉ!!


さ、明日も仕事だ。
頑張りましょう。


体調を崩したときにはさっさと寝るべし

風邪を引いてさっさと寝る日々を過ごしていた私。

仕事をしていると体調崩したときや「あぁ仕事したくないなぁ」というときに限って休めない。限って、というより元々休めない。だって、それが仕事だから。それがアルバイトだろうと契約社員だろうと変わらない。だって、仕事だから。


多少の体調の悪さを抱えて仕事に行っても「仕事できそうだね、頑張ろうね」的な職場のなんと多いことか。過去に働いた職場でもそうである。鼻水垂らして咳をしても鼻紙とマスクを準備しておけばOK!薬を飲んで抑え込んでおけばOK!声がガラガラになろうとも通じればOK!熱がなければなおOK!だって!それが!仕事だから!


ノロ的な胃腸炎やインフルエンザといったヤバイ系でない限り休めない仕事って楽しくない。体調崩した状態で仕事を頑張っても楽しくない。休みたい、有給がなくても休みたい、休んでも給料は欲しい、休んでも他の人がカバーをして欲しい、要望だけは一人前の私。


でも頑張る!だって!それが!仕事!だからぁ!!


そう思いながら過ごした一週間だった。普通に頑張れた。
風邪といってもノドをやられてガラガラ声になった程度だし。

あぁでも、休みたいときに休めるように頑張りたい。
やっぱりロト6で大金を当てるしかない。


要望だけは(ry