読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが日々感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

仕事で使う簡単な絵は描けるようになりたい

仕事で文字で伝えることが難しいときにイラストを描いて説明することがある。そのときに「分かりやすい絵」を描くのがとても難しい。文字より難しいこともよくある。

頭の中では物と物がこういう線で繋がって、人物や状況はこういう状態でこういう動きをして、場面が変わったらこう切り替わってそのとき繋がっていた線はこういう風に入れ替える、とか色々考えたことを簡単な絵や図にして相手に見てもらう。

複雑な絵や図になると分かりづらく、もちろん描く技術もないのでそんなもの描くことすらできないが、簡単な絵は描けるようになりたい。人によく言葉にして説明する物やとか特に。

人は結構簡単。

人は丸を描いてその下に三角を描けばだいたいOK。表情や手はとりあえずいらない。それを説明したい絵に配置すれば「人」はもうOK。手が必要なら三角の両端にひょいんと一本線を描いとけばOK。表情がいるなら目はちょんちょん、口は一本線で表現すればOK。簡単な人の出来上がりである。

問題は物、これがもう大変。

物、といってもたくさんあるがパソコンの絵を描こうとするとノートとデスク、これだけでもだいぶ違う。四角を描いて「ノートPC」「デスクPC」と書いて適当に配置すればいいのだけど、それじゃなんか物足りない。

なので、ノートパソコンのときは四角を描いてその下に平行四辺形を描く、んで四角の中にもう一個四角を描く、これで簡単なノートパソコンの出来上がり。

デスクトップは長方形を描いてその上に平行四辺形を描く、その平行四辺形の下に同じ角度で平行四辺形を描く、んで長方形の真ん中より下くらいに電源ボタンとなる小さな丸を描く、長方形の上のほうに光学ドライブとなる小さな長方形を描く、これで奥行きのあるデスクトップの出来上がり。(伝わるだろうか…)

こうした簡単に描けるものを丁寧に何度も練習すれば、円と直線、四角や三角が綺麗に描けるようになって、色んなものを描けるようになれる、と思っているけどまぁ限界はあるよね…。元々絵心なんてない分、余計に。

雑誌やサイトなどでプロが仕上げた一目で分かるシンプルな絵や図を見ると、複雑で細かいところまで完璧に描ける技術があってそこから無駄を徹底的に削ぎ落して完成させているんだろうな、と思う。

絵や図だけじゃなくデザインも一緒だね。
プロってすごいわ…。

新 絵心教室

新 絵心教室