わたしが感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

無職でも体調管理は完璧にコントロールできない

大した行動もせず、毎日ヒマを持て余すくせに体調を崩しかけている無職、それが今の私だ。

いつでも面接対応できるように体調管理にはムダに気を使っているが、やはり体調崩すときは崩すものである。とはいえ、まだノドが若干イガイガする程度で無理に声を出したり、乾燥させずにいれば悪化はしないだろう。


どうせ誰ともしゃべってない日々だから、乾燥だけに気をつけよう。


そういえば昨日、ハローワークに行って思ったのが久しぶりに長くしゃべると所々で噛むんですよね、私が。人ってしゃべらない期間があると本当に会話するのにも一苦労するシーンってあるわけで。

面接では脳内シミュレーションと部屋でブツブツと練習をしているからなんとかこなせているかもしれない。いや、こなせていないから不採用になるのか。ダメじゃねえか、私の会話力。


とりあえずノドが悪化しないようにゆっくり過ごそう。
…もうずっとゆっくりしてるのに。もうやだ、この生活。

早く良き縁と出会えますように。