わたしが感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

敗北を知り続ける転職活動に死にたくなる

最近、また敗北を知った転職活動中の私。

面接では好感触と思っていても届いた結果は不採用である。この繰り返しの数ヶ月でさすがにもう、死にたくなってくる。経歴からくるマッチング度はあっても結果を見れば不足だらけで人間としても魅力ない人物なのだろう、私は。


さすがに金銭面で苦しさも出てくるので、何かしら仕事をしなければ日常生活もままならない。そう思って巷でよく聞くフリーランス、その業界でも有名な「ランサーズ」にアカウント登録をしてみた。

そして、スキルのカテゴリや経歴・資格、ポートフォリオの項目を埋めようとするも埋められない。そうだ、私には何もない。ここでできるのは入力やアンケート系の単純作業であろうか。それができるアピール材料もない。死ね、私。


年齢も年齢、若いカテゴリより中堅的な立場にいるべき世代ではあるがここまで何もないと気づかされると無気力になる。今ならハローワークに溢れる気力削がれた人たちの一部になれる。いや、もうなってるか。


もう敗北は知りたくない、そう思い続ける日々。
だが敗北は無情にもやってくる。

勝利を渇望する無能な一般人。
敗北を知りすぎたのだよ、私は。