わたしが日々感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

お金にするツールを使いこなせないと人生は損ばかり

仕事をしてる間はそれに没頭しておけば給与として懐にお金が入ってくる。ただそれだけでは人生を全うするのにお金は足りない。それはみんな分かっていることだが仕事以外でお金を生み出すことをしていない人もいる。私もその一人だ。

株や土地、マンション経営に仮想通貨、プロブロガーにYoutuber、絵を描いたり本を書いたり、セミナーしたり公演に呼ばれたり、ネットショップにオークション、世の中にはメインの仕事以外にできるお金稼ぎはたくさんある。あるのに手をつけたり本気で取り組んだりをしていない。


だって面倒だから。


たったその気持ち一つでお金にできた時間をだらけた時間に変えて今に至っている。あのときもっと取り組んでいれば、書籍を購入して勉強してコツコツしてれば毎月いくらかお金が入ってきていたのではないか。目の付け所が分からない、技術がない、面倒くさい、たったそれだけで諦めてしまったのはもったいないと今更思ってしまう。

何かに取り組むには休みの日に「待ってました!」と言わんばかりに没頭して、それ以外の日でも仕事帰りに少し取り組む、疲れていても取り組む、それを毎日繰り返す努力が必要なのだ。結局、その努力が面倒くさいと思ってしまうからダメなのだ。


面倒くさい、それだけで今までいくらの稼ぎをムダにしたのだろうか。
財布の中身を眺めていると悲しくなってくる。