わたしが日々感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

10年前のスキルのまま今を生きられるのか

日々を流れるまま生きていると「毎日成長しなければならない」という言葉が鬱陶しいことがある。常に全力で何かに取り組み、走り続けることができれば成長もできて毎日が充実したものになる。だが、超人でもない限りそのような生活は無理だ。適度に休憩は必要だが、そのまま休憩モードになり流れる日々に慣れてしまうと成長は止まってしまう。

そんなに頑張らなくても生きていけるから大丈夫、と思ってしまうが止まったまま3年、5年、10年と過ぎてしまうと気づかないうちに生き抜くスキルを失ってしまうのだ。10年前の生活を思い出して現代に残っているものはなんだろうか。パソコンや携帯、上下水道やインターネットなどのインフラ、様々な技術が進歩していて生活はガラリと変わっている。


当時貴重だったスキルは誰もが当たり前に使えるスキルになり、簡単だった技術はより複雑になり、一つでは足りず複数の技術を持ち合わせなければ即戦力とはならない。数年止まっただけで社会は想像以上に離れた場所にいるのだ。そこにひょっこり「ブランクあるけど頑張ります」と求人に応募しても過去の実績が唸るものでなければ門前払いである。


必死に休まず食いついてちょっと疲れたから休んだだけで数ヶ月、半年、1年と過ぎてしまえばあっという間に「時代遅れの人間」が出来上がっている。昔やったことがあるから勉強し直せばまた前線で仕事ができる、と思っていたら大間違いだ。できる人間はごく一部であり、勉強し直すのはもちろんだが新しい技術も取り入れないと前線どころかアシスタントからスタートである。そんなはずでは、とまた休みたくなる。


結局、毎日何かしら必死に食いつくことが大事なのだ。
遊びすら継続できない日々では生きている実感すらない。