読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが日々感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

電車の中で人生を楽しく生きている変な人

電車に乗るとみんな静かに座り周りに迷惑がかからないよう配慮しながら乗っている。だが大声で電話をしたり、満員電車で足を組んでて地味に邪魔だったり、どこにも捕まらず寄りかかってくる人がいたりとマナーがなっていない場合もある。

その中でニヤニヤと楽しそうな人が立っている。雑誌を見ながらイヤホンをしていて電車の揺れに合わせて小刻みに揺れていた。周りに気を使うこともになく不気味な揺れとニヤニヤ顔で最初はちょっと触れてはいけない危ない人か、と思ったがよく見てみると手にはアイドル雑誌、ページはアイドルの特集がありどうやら音楽もそれに合わせているようだ。

不安要素が分かったあとよく見るとその顔は幸せそのものである。周りを見るとだんまりと座り、疲れた顔をしながら睨む人もいる。嫌な顔をして距離を取る人もいる。

それでもその人は幸せそうなのだ。自分の好きなことを場所を選ばず幸せそうな顔をして過ごしているのだ。そう思うと電車の中で輝いているのはその人だけに見える。

眩しい。
とても眩しい。

無機質な場所の中で好きなことに没頭して幸せそうな顔をすることが私にはできない。マナーが悪い奴は早く絶滅してほしいがこういう幸せそうな顔がもっと増えるべきなのである。


上機嫌で生きる なぜかうまくいく人の幸せになるクセ

上機嫌で生きる なぜかうまくいく人の幸せになるクセ

ズルいくらい幸せな人がやっている 人生が思い通りになる「シンプル生活」

ズルいくらい幸せな人がやっている 人生が思い通りになる「シンプル生活」