読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが日々感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

理詰めと直感の狭間で

働けど働けど我がスキルは周りと比べてどん底である。

さて、先輩や上司には理詰めで攻めるタイプや直感で行動するタイプもいていつも右往左往しながら「もっと詳細を出して」と「今すぐ行動しろ!」の狭間で踊り狂っている。右往左往するそのステップはまるで陽気なタップダンスである。

その理詰めと直感の狭間でうまいこと動きながら両方の要望を満たすのは至難の業で「40秒で支度しな。相手を倒せる装備と作戦、人員もだよ」とドーラに悪魔がプラスされたかのような依頼がよくくる。そして、そんな支度できるわけもなく撃沈してしまい、いつも誰もいない無人島に行きたい気持ちでいっぱいになるのだ。

あまりマジメにやっては両方の思考に押し潰されて立ち上がれなくなるので「リャッシャしたァ!(了解しましたぁ!)」と軽い感じながらも気合いの入った返事をしつつ、心の中ではバルスを唱えて全てを無にしたい気持ちでいっぱいなのである。

あぁ〜バルス使いてぇ。

天空の城ラピュタ [Blu-ray]

天空の城ラピュタ [Blu-ray]