読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが日々感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

たった一駅の自由

新幹線の自由席の三列シートにて真ん中にドンと座り左右の席に大きめの荷物、そして席を後ろに倒して優雅に過ごす方がいた。

周りの席は空いていて座れなくて困ってる人はいなかったが、この堂々とした自由席の使い方に私は「自由とは…」と考えたが特に迷惑してるわけでもないので考えるのをやめた。

ただいつ降りるのだろうか、次の駅で大勢の人が乗ってきたらどうするのだろうか、と不安になっていたら一駅で降りたのだ。たった一駅でもこの自由な使い方はグリーン席以上な気がする。

ちなみにかなりの美人だった。
グッときた。

自由とは何か (講談社現代新書)

自由とは何か (講談社現代新書)

広告を非表示にする