読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが日々感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

折れる事なく揺れる、揺るぎない信念だろう

これはBUMP OF CHICKENの「ハルジオン」という曲の最後の言葉。BUMP OF CHICKEN、好きなんですよね。ライブに行ったり曲が出るたびに購入する、というほどの大ファンではないのですが…。

有名な「天体観測」はもちろんですが、「K」「ラフメイカー」「車輪の唄」「グングニル」「乗車権」「才悩人応援歌」「R.I.P」「HAPPY」「アルエ」「ギルド」などなど…好きな曲はたくさん。泣けたり、勇気づけられたり、ハッとさせられたり、物語になっていたり、バンプの曲は本当にすごい。

んで「ハルジオン」という曲。

全体を通しての意味や想いは色々ありそうなので割愛しますが、私がグッときた歌詞がこの「折れる事なく揺れる 揺るぎない信念」という部分なんですよね。私の揺るぎない信念ってなんだろう、って。

毎日ぼんやりとちょっとした目標を達成するために仕事をして、だらだらと気の抜けた生活を過ごしている私に折れることのない信念、揺るぎない信念ってあるのかな、と思ったらそこまで強い信念ってない。

夢や希望に向かって必死になって手を伸ばして途中で折れても倒れてもそれでもいつか叶うものだからと諦めずに伸ばし続けてやっと手にしたもの、ってあったかなぁ、と思ったらこれもない気がする。

ちょっとした頑張りで手に入ったもので満足してすぐ飽きて、また次のちょっとした頑張りを見つけては手を伸ばして今度は諦めて、また挑戦してみようと思っても「面倒くさい」と感じてそれっきりで。

なんだろうね、こうして考えると私ってクズで弱い存在なのかもしれない。かもしれない、じゃなくて実際そうなんだけども。そのクズで弱い存在が露呈しないように生きている、って感じかな。

揺るぎない信念、か。

ハルジオン

ハルジオン