読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが日々感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

働きたい人にはガンガン働ける環境を作る

まいにち〜まいにち〜僕らは鉄板のぉ〜、と口ずさみながらサービス残業をこなす日々です。働けば働くほど時給換算すると悲しいことになるのでさっさと帰りたいのですが、そうもいかないのが団結された組織というやつで。

サービス残業をなくすには残業代をきっちり支払うか、残業を全くしないかですけどもそれができたら苦労しないわ、というのが会社でありサラリーマンであり。サービス残業なくしましょうよ、と上司や上層部にぽつりつぶやくときもありますが、当然売上やら利益やらの話になるのでつぶやいたあとすぐスルーされる空気のときにだけつぶやくのです。

まぁ会社の方針というか空気というか、働きたい人にはガンガン働ける環境を用意するというのも大事なわけで。そうでないと売上やら利益やらが十分に出ないし、会社も人もそれだけ成長しないことにもなりますし。でもね、帰りたい。定時にスパッと帰りたい、という人もいるんですよ。私みたいに。

なんかねっとり粘っこくした汚らしい感情が湧いては消えてを繰り返してるのでうまくまとめられないけれどもサービス残業はどうやったらなくなるんだろうね。金というか時間というか人というか。

そのサービス残業は違反です!

そのサービス残業は違反です!