読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが日々感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

自己投資をすること

稼ぐ人間になるには自己投資をするべきだ、というのはよく目にする。自己啓発でもそうだ。セミナーに参加、人脈作り、知識や技術を学ぶ、本を買う、など自己投資となれば色んなものが投資となる。逆にゲームやマンガといった娯楽系ばかりにお金を使っていると稼ぐ人間になれない、と思われるらしい。まぁ事実そうかもしれない。

私の周りにもそういった自己投資をして独立した人や出世する人はいる。では娯楽系ばかりにお金を使う人はどうだろうか。借金ばかりしている、ということでなければごく普通だ。というより普通な人ばかりだ。ちょっと自己投資をしてFacebookTwitterでつぶやけばいいね!がついたり、応援されたりする。なんだろうね、これは。この変な違和感はなんだろうね。

と、思っていたけど、少し分かったことはこれが業務外の行動だからだ。つまり仕事が終わっても頑張ってるぞー、という人が多いんだ。誰だって自己投資をして自分自身を成長させて稼げる人間にはなりたいだろう。でも自己投資はしたいけどお金も時間もない、という場合がほとんどじゃないかな。そんなヒマがあったらお酒飲んだり、ゲームしたり、マンガ呼んだり、おバカな番組見たり、何もかも忘れて眠ったり、とそっちにエネルギーを使うんじゃないか。

業務中に自己投資なんてできるわけがない、でも自己投資はしていけと会社は言う。それなら業務内で様々な自己投資となるものをやればいい。やっているところもたくさんあるだろうけど、それが長く続くかといえばそうでもない。忙しさから回数が減っていき、いつの間にかなくなってる。だいたいその繰り返しだ。ってこれは自己投資じゃなく社員教育か。

自己投資、たまにするけどモノにするための努力がないのですぐ泡となる。


PRESIDENT (プレジデント) 2013年 5/13号 [雑誌]

PRESIDENT (プレジデント) 2013年 5/13号 [雑誌]


広告を非表示にする