読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしが日々感じている世界

一度の人生、適当に生きようぞ

経営者から見る夢、従業員から見る夢

経営者は上を見て夢を語る。努力して苦労すればするほど夢に近づき、力をつけてさらに難しい仕事をこなして夢を現実のものにしていくのである。そして、夢の幅が広がり新しい夢にチャレンジしていくのだ。経営者はみんなを上に引っ張っていく存在であり、ピ…

限られた時間の中で成果を出せない

限られた時間の中で限界を超えた成果を常に求められるのがサラリーマンである。毎日限界を超えるには昨日の限界を超えていなければならない。そんな毎日を送る生活は無理である。一度転ぶと立ち上がる間に色んなものが通り過ぎていき、前を見ると成果がはる…

成果を出すために犠牲が当たり前になる異常な日常

成果を出すために毎日何かしらの犠牲をしている日常は異常である。だがその異常なことをし続けないと会社が成り立たないというのもまた異常である。それが当たり前になっているからブラック企業はなくならず、毎日何かを犠牲にして働く人々が増えていき、何…

ドラマ「下町ロケット」の下っ端に共感してしまう

現在放送されてるドラマ「下町ロケット」を見ていると自分の夢に突き進む社長と仲間たち、それに反発する者たちの構図がある。立ちはだかる敵に熱意と情熱で立ち向かい、諦めない仲間たちともに勝ち進んでいくのである。その中で私が共感してしまうのが下の…

電車の中で人生を楽しく生きている変な人

電車に乗るとみんな静かに座り周りに迷惑がかからないよう配慮しながら乗っている。だが大声で電話をしたり、満員電車で足を組んでて地味に邪魔だったり、どこにも捕まらず寄りかかってくる人がいたりとマナーがなっていない場合もある。その中でニヤニヤと…

プロ意識と会社への忠誠心の狭間で苦しむ

仕事をしていればどのような仕事をしていてもプロ意識が求めれらる。アルバイトでもプロ意識を持てと言われ、想像以上の厳しい仕事をこなすことがある。このプロ意識の方向が自身の意識と会社の意識が一致していればより高い効果を発揮するが、間違うと出る…

即戦力とはどういったものか

企業が求める即戦力は売上・粗利を飛躍的に伸ばすことだけではなく、現在抱えてる悩み、面倒ごと、雑務、トラブルなど面倒なことを一手に引き受けて一瞬で解決する特効薬のような人材のことである。現場が求める即戦力はルーチンワークとなっている雑務や手…

仕事には全てをリセットできる環境作りが必要

仕事は誰もが上手にできるわけではなく日々の困ったことが積み重なっていく。忙しさに負けてその困ったことはどんどん後回しになり肥大していき、自分の手には負えない状態になる。それが何かのきっかけで倒壊して心身ともにボロボロになってしまうことがあ…

5年働いて給料が増えないなら辞めてしまえ

就職難の中やっと入社して始めは怒られながらもだんだん仕事を任せられ、周りからの評価も上がって気になってくるのが給料である。仕事も回せるようになり周りからの評価もあれば昇給にも期待が膨らむのが当たり前である。だが自己評価や周りからの評価は会…

瞬発的な多忙が不規則に続くときは注意が必要

仕事で一部の従業員に瞬発的な多忙が不規則に続くときは注意が必要である。チームや部署で負担を減らすアイデアを出し、解決のための行動やフォローをしなければ真綿で首を絞めるように徐々に弱っていき、その従業員は誰も信じられなくなり辞めていく。瞬発…

やろうとしないから困難になる

最近、街中で見た言葉である。 『困難だからできないのではない、やろうとしないから困難なのだ。』全くその通りである。やろうともしないで「難しいからできません」はただ逃げてるだけである。そして、実際にやってみると思ったほど難しくないことが多い。…

たまにバーチャル役職で仕事を楽しむ

下っ端で働く日々で体力的に精神的に疲れが抜けないがストレスを溜めずに過ごすにはどうすればよいのか。飲む・食う・寝る・遊ぶがあるが仕事が終わってからすることでは明日の朝には憂鬱がやってきてまた嫌な一日を過ごすことになるのだ。そうならないよう…

仕事のモチベーション

仕事のモチベーションは上がったり下がったりし、私は下がることが多い。ちょっとしたことでモチベーションが下がり、好きなことで上げようとしても引きずってしまい上がるまでに時間がかかるのだ。このとき自分の中でうまくモチベーションを分割できたらと…

仕事は「好き」より「稼ぎたい」が大事である

仕事を長年していると好きだけでは越えられない壁がある。好きで選んだ会社や仕事なのにきつい、もう辞めたいとなるのは好きだけで選んでいるからだ。人の好きはワガママなもので一つなのか三つなのか、数え切れないほどあるのか分からない。そして、好きな…

仕事は「したくない」が前提である

世の中、したい仕事だけをして生活をしている人はごく一部である。好きな業種、やりがいのある仕事に携わっていてもそのほとんどがやりたくない仕事である。その仕事に夜遅くまで向き合い、家にいても辛い気持ちになる。その典型となるのが月曜日の朝である…

なぜ仕事は理不尽で険しく苦痛の連続になるのか

今朝も布団から出るのが辛い。それは今日ある仕事が理不尽で苦痛なものばかりだからだ。やらなければならない、迷惑がかかってしまう、だから行く。それが仕事だからだ。このような仕事の先にあるのは一瞬の解放である。やっと終わった、ゆっくりしたい。そ…

歩きタバコする人間は絶滅してほしい

私は歩きタバコする人が嫌いである。歩きながら不快な煙と吐いた息を周りに撒き散らしてタバコの火は外側を向いているのである。周りに気を使ってる様子はない。気を使っていたらそもそも歩きタバコはしないものである。歩きタバコを条例で禁止にしてるとこ…

東日本大震災から4年が経った今

2011年3月11日に発生した東日本大震災から4年が経った。まだ4年なのか、もう4年なのかよく分からないまま月日は過ぎていくのである。当時はテレビやネットで流れる悲惨な状況に映画を見ているような現実味のない感覚になったが時間が経つにつれ、現実であり…

諦めた全てを叶えていたらどうなっていたか

何かをきついと感じ、諦めたことによって得られたものは何か。一番は時間だ。得られた時間を他の好きなことに使い、満足度や達成感、結果を残すことができる。それがゲームでも遊びでも仕事でもだ。 だが年を取るにつれ、あのときもう少し頑張っていれば、諦…

働く者に理想的な環境を与えているか

「日本一休みが多い会社」「創業以来赤字なし」 異能の経営者、死去http://withnews.jp/article/f0140730007qq000000000000000W00a0401qq000010536A今日、この記事が目に入った。未来工業の山田昭男氏が7月30日に多臓器不全で亡くなったという記事だ。この会…

お盆休みが天使にも悪魔にも見えてくる

今年のお盆休みは8月13日(水)〜17日(日)の5連休になるのが一般的らしい。中には8月11日(月)と12日(火)も休んで8月9日(日)〜17日(日)の9連休を過ごす方もいるようだ。なんとも羨ましい。このお盆休みが抱えてるプロジェクトによっては天使にも悪…

疲弊してる状況を打破できるのはやっぱりお金

世の中お金が全てである。ことあるごとに出費が多くなるとこの結論に達する。物足りない手取りを片手に握りしめ、目の前に広がる山のように欲しいモノたちをいつも眺めている。あぁ、お金が足りない。買えない理由はそれだけだ。お金のことを解決するにはや…

辛いは楽しいを経験してるから乗り越えられる

「仕事は楽しいものだ」「仕事は辛いものだ」どちらも聞く言葉である。卵が先かニワトリが先か、ではないが仕事は楽しいのが先なのか辛いのが先なのか、をふと考えることがある。私の中では楽しいが先にないとすぐ潰れてしまう。心の底から楽しいと思える仕…

毎日が面倒くさいとの闘いである

仕事とは面倒くさいの連続である。メールにしても電話にしても始まりの挨拶に終わりの挨拶、用件を伝えるつもりが確認が増える、決裁を求められても権限がないから上司の元へ、そしたら上司がいねぇどこだクソ、とそれはもう面倒くさいの連続である。このそ…

仕事で前向きになろうはクソである!喜怒哀楽をコントロールをするのだ!

仕事は楽しいばかりではない。面倒なことも辛いこともしたくないこともするのが仕事である。朝起きたら憂鬱になり会社に行きたくないのはみんな同じである。そんなときに目にする記事や本がポジティブ思考だの、前向きになる方法だの、楽しく生きれば仕事も…

悪口を完全に聞き流せるようになれるのだろうか

自分に向けられた悪口を耳にしてしまうとなんとも気分が悪いものである。それが事実であり自分に起因するものであればしっかりと受け止め、寝る前に枕をびしょびしょに濡らしながら眠りにつくことだろう。だが間接的に微妙なところで関係しているときに自分…

たまにはスマホを置いてノートを持つべきである

スマホは便利である。 メモアプリで書き込みもできるし、お絵描きソフトなら図にして残すこともできる。音声アプリを使えば声を録音して残すこともできるし、写真アプリなら思い出と一緒に残すこともできる。もうこれは何でもできてしまう魔法のツールだ。素…

目標を立ててもすぐ挫折する人はクズである

つまり私だ。 年間を通して大小様々な目標を立てるのだが、ことごとく失敗をして達成ができない。するための努力が足りないのはもちろんだが、些細なことで諦めたり飽きたり別のことがしたくなるのだ。それの繰り返しでいつも何がしたいのか分からない状態に…

残業代を気にすると「モンスター社員」になる時代

最近、目にする話題が残業代を気にすると「モンスター社員」になる、というものだ。4月29日に放送されたバラエティ「内村とザワつく夜」(TBS)の中で新人が「企画書を作る時間って、残業代出ますか?あと僕、土日出勤NGなんですけど大丈夫ですか?」という…

お店にはまだ5%と8%の消費税が混在している

とあるお店で3980円と色あせた値札のついた商品を買ったら4093円だったので店員に「あ、税抜き表示なんですね」と言い、支払いを済ませた。店員も「そうなんですー」と答えたのでこれからの買い物は計算が面倒になるなぁ、と。ふと思ったが、3980円の色あせ…

起き上がる術を知っているはずなのに

精神的燃え尽き症候群になると精神的に落ち込んであらゆる意欲がなくなってしまい、社会的に機能しなくなってしまう。(Wikiより) 私、これ少し勘違いをしていた。何かを達成することで燃え尽きてしまい、目標を失った状態になって意欲がなくなる、と思って…

優秀な人に合わせてルールや仕組みを作ると下は崩壊しやすい

新しいルールや仕組みが優秀な人がより優秀に動けるようなものだと、下の人間は動きにくくなる。そんな偏ったアホなルールや仕組みにぶつかることはないが、自分が作る立場になった場合はそうならないように心がけたい。 新しいものが優秀な人がより優秀に、…

夜景は残業でできている

もう出所は忘れたが昔からある名言である。今も輝くビルたちの中ではせっせと働いて泣いたり笑ったりしている。私はいつも早く帰りたくて心の中で号泣である。帰りたい帰りたい帰りたい。 そんな中でも周りでは明るく元気に働く人もいるから夜景は綺麗に輝く…

理詰めと直感の狭間で

働けど働けど我がスキルは周りと比べてどん底である。 さて、先輩や上司には理詰めで攻めるタイプや直感で行動するタイプもいていつも右往左往しながら「もっと詳細を出して」と「今すぐ行動しろ!」の狭間で踊り狂っている。右往左往するそのステップはまる…

人は動かすことも動くことも難しい

管理職になり数人の部下を動かす立場になれば、思い通りに動かずに悩む姿を見ることがある。私は部下を持つほど立派な人間ではなくいつも動かされる立場だ。 仕事で直属ではなく他の立場の人から無造作で無機質な指示がくると「えぇー(´Д`)」となるが、それ…

結局、お互いの芝生は枯れてるのかもしれない

「隣の芝生は青い」他人のものはよく見えるものだ。隣にいる部署のメンバーを見て元気に明るく周りからも上司からも可愛がってもらい、気づいたら役職もある状態だった。長年サラリーマンしていればこういうこともある。あぁ羨ましい。 でも私がそうやって思…

電話対応一つで気持ちが折られる

お店などに予約をしようと思い、電話をすることがある。そのときの電話対応一つで気持ちが折れて他のお店にしたり、出かけることをやめたりもする。皆さんも経験はないだろうか。 先日、普段は行けない少しお高いお店に予約しようと電話したのだ。雑誌やネッ…

自ら苦しみに追い込むことで目標を達成する

何かを成し遂げるには目標は必要だが、それを掲げるとそれに向かうための計画や実行、進捗確認などが発生して実に面倒くさい。でも目標がなければ必要なことをしなくなり成果を得られなくなってしまう。これもまた面倒くさい。 面倒くさいけど苦しい道を選び…

仕事は細分化してこなしていく

あぁ2月が終わる…。 色々思いふけながらダラダラと。 頼まれた仕事を報連相もなく最後までしてしまう人は仕事が遅くなりやすい。なぜならその途中に発生する何をどうするのか、何をすべきなのか、何が必要で何がいらないのか、誰が必要としているのか、など…

月曜日はいつもいつも負けそうになる

私「こっち来んな」 月曜日「そう言われても…来ちゃった」 私「テンション下がるわぁ…」 月曜日「まぁまぁ1週間の幕開け…がんばろ!ねっ!」 私「今すぐ休みになってよ、祝日とか」 月曜日「5月まで待って…」 私「やってらんね!仕事行ってくる」 月曜日「が…

仕事は毎日圧縮していくもの

毎日の仕事がめまぐるしいものでも同じことをしてることに気づく。「またこの作業か」と気づき、それが積もっていくとなんとか楽にしたいと思い、簡単にできるように工夫をしていく。10分かかっていた作業が1分で終わればそれだけ他の仕事もできて早く帰るこ…

限界を超えたとき潰れるのか、頼るのか

ちょっと時間ができたのでダラダラと…。 日々の仕事に押し潰されそうになりながらもなんとか持ち堪えてまた明日を迎える、そんな毎日。もうダメだー、もうダメだー、と思いながらもとりあえず生きてるので毎日なんとかなってる。 「もうダメだ」と感じるとき…

気づかいのあるタクシーは大好き

とあるタクシー会社に予約すると運転手が出迎えてくれて、乗るときは「頭にお気をつけ下さい」とエスコートしてくれて、出発すると行き先までの丁寧な案内はもちろん車内の温度にまで気を使ってくれる。このタクシーは特別なものではなく、普通のタクシー会…

朝活をすればレベルアップできるが布団に勝てない

朝活、それは「朝の時間を有効活用すること。仕事・勉強・情報収集・運動・趣味・交流などに充てる」ことである。早起きは三文の得とも感じ取れるが、早起きすることで自分の人生に様々なプラスをもたらしてくれる素敵な活動である。 おぉ、そういうことなら…

集中力を育てる方法

仕事や勉強で集中力が続かないのが悩み、というのはテレビでも本でも周りでもよく聞くことだ。ゲームや遊びとか自分が楽しむものは集中力が続き、疲れたあとでも続けたい気持ちがある。だが好まないものはすぐ集中力が切れる。人間そんなもん。でも仕事や勉…

1秒たりともムダにしたくない人と接するのは苦手

プライベートでも仕事でも1秒たりともムダにしたくない人がいる。そういう人はどんな些細なことでもムダと思えばムダになり、何をするにも超効率的で成果の大きいものを求めたがる。私はそういう人が正直苦手だ。 これが仕事であれば当然結果を求めて必死に…

親戚や友人に自慢できるほど楽しい仕事をしているか

年末年始に親戚の集まりに参加し、友人たちとも話をしたがそのときに仕事の話も当然する。何をしているのか、どんなことなのか、どんな会社なのか、楽しいのか、を。 「こんな仕事だよ、こんな会社だよ」と説明していくうちに軽くグチも入ったりして危ないと…

知っている人がどうやって知ったかを聞け

この言葉は最近TwitterやFacebookで目にすることがあったので調べたら2chのUNIX板で書かれた言葉の一部だった。それも2002年でもう10年以上前のことだ。スレはもうすでにないが、まとめてるサイトがあったので以下そこから引用させて頂いた。 ーーーーーーー…

たった一駅の自由

新幹線の自由席の三列シートにて真ん中にドンと座り左右の席に大きめの荷物、そして席を後ろに倒して優雅に過ごす方がいた。周りの席は空いていて座れなくて困ってる人はいなかったが、この堂々とした自由席の使い方に私は「自由とは…」と考えたが特に迷惑し…

当事者意識をどう持ち、使っていくか

お昼ご飯を食べながらダラダラと。常に危機感と問題意識を持ち、自発的な行動を求められるのが社会人だが一度その緊張感が途切れるとなかなか戻らない。危機感にしても問題意識にしても当事者意識がなければ他人事となり、目の前で問題が起きても人の顔色を…